派遣社員makoの資産運用ブログ

資産運用額約1000万円で運用中。投信、ロボアド、ソーシャルレンディングをやってます。成績公開していきます。節約もしてるのでいいネタあったら随時報告します。

私の仕事遍歴紹介します その10

こんにちは、makoです。今日は朝から派遣会社の振り返り研修があり、先ほど終わったので神戸市内のドトールコーヒーで現在遅めの昼食です。前回は3社目て退職勧奨を拒否して営業職に飛ばされ、無事に資格試験をパスして営業職デビューしたところまで書きました。私は東北エリアの担当になり、その直後に東日本大震災に巻き込まれました。震災当日は東京本社で月一回の会議に出席していました。会議中にあの大震災が首都圏を襲い社内はパニック状態に。地震が終息したと思ったらあの原発事故が起こりました。福島だけでなく東北全体に放射線被害が大きく広がりました。東北への交通網が寸断されたので私は3ヵ月くらい東京で自宅待機していました。ただ、私は東北の放射線被害が心配でしたので会社の人に出来れば東北では働きたくないことを伝えました。その事が東北エリアの他の部員に広まり、その発言に快く思わなかった人がいて、東北に戻ってからも露骨に嫌がらせを受けることがありました。そんな発言をするような人間は営業職には向いていないから会社辞めたらと露骨に言われたこともあります。この経験を通じてこの国には言論の自由は無いんだなと骨身に凍みて学んだのです。あれだけの放射線事故が起これば放射線被害を心配して東北エリアで働きたくない人がいることはごく自然なことです。東北に居続ける人はそれなりに事情があるのでしょうが、東北を離れようと思う人間にとやかく文句をいう権利はない。福島でも私と似たような経験をしている人が多くいることをNHKの番組で見たことがあります。放射線被害を心配て福島を出ていく人を福島に居続ける人は快く思わないらしいんですね。ホントにくそですよ。いちいち他人の選択を干渉するな‼️この国は陰湿な言論の自由のない村社会です。複数原発事故を通じてこの国の後進国ぶりをさらけ出したのです。
このあと私は東京本社に戻ることになりました。東京で退職社員が出たことによるその補充ということでした。東京で2年間、営業部員の補佐業務に関わりました。上司も厳しく叱責されてばかりだったし長時間労働が横行する辛い環境でしたが何とか頑張れました。人並み以上の給料は貰えてましたから何とか頑張れたのだと思います。
2年間東京本社で勤務していましたが私に対する評価は芳しいものではありませんでした。仕事も遅くコミュニケーション能力も無かったので当然ですね。この頃悪いことに会社の業績が傾き始め、希望退職者を募るリストラが始まりました。私は当然ですが面談で退職勧奨を受けました。この時はさすがにごねないで素直に退職の意思を伝えました。無理矢理残った時の処遇を考えると怖くて退職勧奨を断ることは出来ませんでした。割り増しの退職金と民間の再就職支援のオプションを付けて12年間勤めた会社を退職することになりました。年齢も40歳を越えていたので再就職がすんなり決まるとは当然思っていませんでしたが、辞めることしか選択肢がなかったのです。