派遣社員makoの資産運用ブログ

資産運用額約1000万円で運用中。投信、ロボアド、ソーシャルレンディングをやってます。成績公開していきます。節約もしてるのでいいネタあったら随時報告します。

明日の出勤が憂鬱な人は退職の検討をしたほうがいいかもです。

こんばんわ、makoです。9日間の夏休みが今日で終わりました。私は実家に2日間滞在した以外は自宅でひたすらダラダラして過ごしました。スマホ見たり本読んだり、気に入ったテレビ番組を見たりして時間をひたすら潰しました。このままだとただのダメ人間ですが最低限の自炊と掃除、洗濯は勿論しています(😁)。ただ、家事はあまり好きではありません。面倒臭いですよ、正直。専業主婦の人は本当に尊敬してしまいます。料理の献立毎日考えるのとか相当ストレスになると思いますよ。料理は後片付けも面倒ですよね。
明日から心機一転、仕事に打ち込む予定です。こう言うとカッコいいてすが、昔、正社員で働いているときは休日明けの出勤は嫌でしょうがなかった。私は基本的に見込みが悪く頭の回転も悪いので、仕事ができる人をイライラさせてしまうみたいなんですよ。当然、仕事もできなかったので上司や同僚の評判も芳しくなく職場で浮いていました。こんな状態なので会社に行きたいはずがありません。その当時は仕事で金貰ってるし、しょうがないかと思っていました。ただ、その考えが大間違いであることにきづいたのがいまから5年前です。会社の業績不振で退職勧奨を受けて退職しました。その時既に44歳でした。半年間、失業給付を受けながら転職活動しましたが年齢を理由に正社員で採用してくれる会社は皆無でした。それ以来は契約社員派遣社員で短期雇用で食いつないでる状況です。もう少し若いときに自分に向いている職種を真剣に考えていたらもう少し何とかなってたのではないかと今後悔しています。WEB系のエンジニアとかプログラマとかは20代までならキャリアチェンジを受け付ける会社も多いです。私も若いときにそういう職種にトライしてたらうまくいったかもしれない。勿論、適正がなくて駄目だったかもしれませんが、年取るとトライさえできないんですよ。日本は未だに新卒一括採用後の企業が多く中高年の再雇用で正社員になれるような人は一部の優秀な人だけだと骨身にしみて分かりました。
若い人には、今の仕事が向いていないなと感じたら色々な職種にトライしたほうがよいと思いますよ。いやいや仕事してそのまま中高年になってリストラされたらよほど運がよくない限り異分野への転職は難しいです。