中年派遣社員makoのブログ

中年の派遣社員という弱い立場から今の日本社会の問題点等を指摘、もしくは愚痴を語っていきたいと思います。

資産運用でリスクを取るには稼ぎが必要

こんばんわ 久々の更新のmakoです。本当は毎日書きたいのですが、書くネタがなかなか見つからずに困っています。将来的にはブログで広告収入を少なくてもいいから得たいと思っているんで、いずれは毎日更新できるようになりたいですね。

私は今年から銀行預金だけを脱却し資産運用を始めました。投資信託ソーシャルレンディング合わせて300万円ほど投資しています。また、15万円ほど仮想通貨にも投資してます。私の基本的な投資スタンスは徹底的な分散投資です。金融商品の分配だけでなく時間もかけて投資していきます。資産の種類を増やしたり、積立投資で分散して、円預金の割合を少しづつ減らしていく予定です。投資信託は投資家保護のシステムがありありますけど、株価暴落の危険は避けられないですし、ソーシャルレンディングはそもそも投資家保護の法律がありません。投資先が倒れたら最悪貸し倒れになってしまうんですね。一応、不動産担保や連帯保証がある案件を選ぶようにしていますが、こればっかりはなるようにしかなりませんからね。ただ、利点もあって株式市場の影響を受けにくいことですね。きちんとした業者や案件を選ぶ目があれば投資信託よりも安定したリターンが期待できます。仮想通貨は5年~10年後には価値をあげるだろうと思って投資していますが、全く無価値になるかもしれないし、やはり資産棄損リスクはあります。あと、一番のリスクは私が派遣社員で安定的に人並み以上の稼ぎがないことですね。公務員とかプロブロガーとかは安定した収入がありますから、投資でもハイリスクハイリターンの案件を選べるわけですよ。投資で数百万損しても半年から1年で挽回できますからね。ただ、私のようないつ無職になるか分からない低所得者はハイリスクの投資は無理なわけですよ。数百万の損なんか出したらそこで人生終了です。一文無になって首吊るしかなくなるわけですよ。本当は投資すらすべきではない身分なのかもしれません。ただ、資産運用の勉強していると日本円だけの資産もハイリスク(ハイパーインフレになれば日本円資産は当たり前ですが紙くず同然になります)なことも分かってきたので、日本円と株式とソーシャルレンディングと仮想通貨に資産を分配することにしました。高収入の人はリスクを大きく取れるんでハイリスクな案件で資産を増やし、貧乏人は資産運用のようなリスクを取れないので資産を増やせず、さらに貧乏になるという・・・。資本主義の残酷なところですよね。

私は低リスクで資産運用して円以外の資産を1000万作ることが目標です。年5%くらいで運用すると50万ずつ増えるんで複利の効果で10年もすれば相当増えますからね。

まあ、どうなるかわかりませんができるだけ頑張っていきます。