派遣社員makoの資産運用ブログ

資産運用額約1000万円で運用中。投信、ロボアド、ソーシャルレンディングをやってます。成績公開していきます。節約もしてるのでいいネタあったら随時報告します。

尊敬する作家 雨宮処凛さん

こんばんわ

私が尊敬する作家に雨宮処凛さんやphaさんがいます。お二人の作品は計10冊ほど買いました。今後も作品を出していくと思うので機会があればまたお二人の作品を購入すると思います。

雨宮処凛さんは社会問題(貧困問題や格差社会)について精力的に取材して調査結果をもとに作品を沢山出されています。社会問題だけではなく、ご自身の人生を振り返った作品も多くて面白いです。去年読んだ中で一番印象に残った作品は”一億総貧困時代”ですね。親からの虐待、震災、ブラック企業リストラ、奨学金破産などでホームレスかそれと同等な貧困層に転落した人たちの体当たり取材の集大成で、興味深く読みました。私も現在、中年派遣社員という貧困層ですので、タイミング等悪ければホームレスに転落というのも決して他人事ではないと思っています。この作品のタイトルは安倍政権の一億総活躍社会というスローガンをディスった感じですね。安倍政権は金持ち優遇の政策ばかりしていて、貧困層には自己責任で生きてくれと切り捨てていますので、雨宮さんが取材されたような人たちはこれからさらに増加していくことでしょう。10~20年後にはホームレスが街にあふれて大きな社会問題になっていると思います。そのころにはこの国が財政破綻して年金も健康保険も生活保護も廃止されている可能性も高いと思いますから。

一億層貧困時代を読んで思った感想は、この日本という国は究極のギャンブル社会ということです。
もっというと運やタイミングだけで人生が決まるクソゲー社会ですね。就職するときに景気が良かった人、金持ちの家に生まれた人、良い遺伝子(容姿/頭脳)をもって生まれた人などだけが成功者となり、そうでない人は、運やタイミングが悪ければ落ちるところまで落ちるという社会です。一部の能力の高いバトルタイプの人(起業家など)はこのような社会が刺激があって面白いと感じるのでしょうが、大半のふつうの人は北欧のような高福祉国家のほうが良いように思います。現実に北欧って、生産性も高く経済成長もしているんですよね。生産性が低く、経済が低迷しているこの国とは大違いです。社会基盤が安定するほうが庶民が安心して働くことができて経済成長する良い例だと思います。

雨宮さんの作品からは今後も目が離せないですね。